ブリッジ|甲府で安全・安心の歯科治療なら甲府駅前歯科医院

甲府駅前歯科医院

    • ご予約・お問い合わせ

    • 0552355466
    診療時間9:00~13:00・14:30~18:30(土曜は17:00まで)
    休診日木・日曜祝日 ※祝日のある週の木曜は診療
24時間WEB予約

BRIDGE

ブリッジ

違和感が少なく安定した噛み心地

両隣の歯を支えにして橋をかけるように装着することから、「ブリッジ」と呼ばれています。入れ歯のような装着時の違和感が少なく、インプラントのように長期間の治療も必要ありません。固定式なので安定感があり、自分の歯のように噛めます。

また、保険診療を選んだ場合、費用をおさえられたり、自費診療を選んだ場合、天然歯に近い見た目にできたり、と様々なメリットがあります。しかし、ブリッジにもデメリットがありますので、お一人お一人にあった適切な治療をご提案させていただきます。

メリット

自分の歯のように噛める

両隣の歯を支えにして固定するので、安定した噛み心地が得られます。自分の歯に近い感覚で、かたいものでも噛みしめることができます。

装着時の違和感が少ない

入れ歯に比べると、装着時の違和感が軽減されます。入れ歯のように床がないので、異物感は少なめです。

治療期間が比較的短い

インプラント治療に比べると、治療期間が短くてすみます。連結した人工歯を装着するだけなので、時間はあまりかかりません。

費用がおさえられる

保険診療のブリッジを選択した場合、リーズナブルな価格での治療が可能です。

自然な見た目にできる

自費診療のブリッジを選択した場合、天然歯に近い噛み心地と見た目を実現できます。

デメリット

歯を削らなければならない

両隣の歯を支えにするために、隣り合う健康な歯を削らなければなりません。神経を除去しなければならない場合もあります。

両隣の歯に負担がかかる

隣り合う歯に大きな負担がかかります。健康な歯を削ることによって、歯の寿命が縮まる可能性があります。

顎の骨がやせていく

歯を失った部分からの刺激が伝わらないため、顎の骨がやせていきます。将来的に歯並びや咬み合わせのバランスがくずれる可能性があります。

治療の流れ

  • Step01

    カウンセリング

    ご要望をお伺いしながら、治療に関するご説明を行います。ご不明な点やご不安な点は、お気軽にお話しください。

  • Step02

    切削

    失った歯の両隣の歯を削って、ブリッジの土台を作ります。

  • Step03

    型取り

    型を取って模型を作ります。模型ができるまでの間、必要な場合は仮の歯を入れます。

  • Step04

    設計

    ブリッジを設計するため、器具に模型を取り付けて、咬み合わせを再現します。

  • Step05

    作製

    金属やセラミック、プラスチックなどからブリッジを作製します。

  • Step06

    完成

    咬み合わせなどの調整を行い、ブリッジを接着します。

ページトップへ